投稿

予防接種スケジュールの基本的考え方

予防接種スケジュールの基本的考え方
ワクチンを接種する順番は?
ワクチンはVPDにかかる前に接種することが重要です。そのためには計画的にワクチンを接種していく必要があります。ワクチンの接種時期のポイントは、
1. 接種できる年齢になったら、なるべく早期に接種する。 B型肝炎ワクチン、BCG、日本脳炎ワクチンは定期接種として接種できる年齢と、標準接種時期とが異なっています。感染のリスクが高い状況では標準接種時期前でも接種します。
2. 定期接種、任意接種の区別なく、重要なものから接種する。  2020年10月にロタウイルスワクチンが定期接種化されると、おたふくかぜワクチンとインフルエンザワクチンが任意接種として残ります。この二つのワクチンも接種可能な時期になったら、遅れることなく接種しましょう。
3.可能な限り同時に接種する。 接種が遅れて、VPDにかかることがないように接種が可能なワクチンは同時に接種しましょう。

がポイントです。

一つ一つのワクチンの適切な接種時期は
1.適切な免疫応答が期待できるとき
2.発症リスクが高くなる前までに必要な回数を終了できる時期
3.副反応の出現リスクが低い時
4.定期接種の期間、公費助成で接種が受けられる期間 です。

乳児期、幼児期早期の予防接種のポイントは
「生後2ヵ月から接種を開始する」
「生後6ヵ月までにB型肝炎ワクチンの3回目以外の乳児期のワクチン接種を完了する」
「1歳からのワクチンの接種を遅らせずに接種漏れを防ぐ」 ことです。

NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会の推奨するスケジュールなどを参考にして、理想的なスケジュールで接種しましょう。

予防接種の目的

予防接種の目的
ワクチンは何のためにするのですか?
 ワクチンで防げる病気はVaccine preventable disease、VPDといいます。VPDはワクチンは接種して、流行を起こさないようにするのが世界の常識です。
1.自分自身がVPDにかからないこと 接種した本人のVPDの予防。ワクチンは接種することで個人個人に免疫をつけることが最も重要な目的です。

2.VPDにかかっても軽くすませること ワクチンを接種すれば、VPDに完全にかからなくなるわけではありません。接種した後にVPDにかかってしまっても、重症化したり、合併症が起きたりしないようにすることも大切です。

3. 周囲の人にVPDをうつさないこと これは、集団免疫効果と呼ばれています。多くの人がワクチンを接種して、社会全体のワクチンの接種率を高め、接種時期になる前の人、接種しても免疫ができなかった人、免疫不全や慢性の病気などのために接種をうけられない人などをVPDから守ることも重要な目的です。

4. 子孫にVPDの影響を残さないこと 風しんが流行し、妊娠中の女性が風しんにかかると、出生児に先天性風しん症候群が発症する可能性があります。VPDにかかり子孫に影響を残さないようにすることも重要な目的です。

5. VPDの流行で医療資源の枯渇を防ぐこと VPDが大流行し、入院施設などの医療資源が不足することを防ぐためにも予防接種は重要です。ワクチンを接種しない人が多かったり、まだ有効なワクチンが開発されていないと感染症が流行し、重症化する人が増え、医療機関を受診する人や入院の必要な人が多くなれば、医療機関の対応できるキャパシティーを超えてしまいます。医療を受けることができない状態になれば、さらに重症化する人や死亡する人が増加するする可能性があります。このような状況が起きることを防ぐことも予防接種の大きな目的です。

6. VPDを根絶すること ワクチンで地球からVPDをなくすことができる感染症もあります。地球上から感染症をなくすことを根絶といいます。過去に根絶できた感染症は「天然痘」だけです。人以外の自然宿主がないこと、キャリア(感染しても症状がでない人)がいないこと、正確な検査診断が可能なこと、有効なワクチンが存在することが、可能な感染症の条件と考えられています。ポリオ、麻しんが根絶を目標に対策が立てられて…

2019~2020年シーズンのインフルエンザワクチン予約

2019年~2020年のインフルエンザワクチンの予約  2019年10月1日からインフルエンザワクチンの接種を開始します。
 予約開始は2019年9月18日からです。予定数を終えた時点で予約を終了させていただきます。13歳未満の方は2回目の接種の予約を同時に行ってください。(予定数を超えると後で予約できなくなります。)
スマートファン、パソコン、携帯からの予約だけにさせていただきます
クリニックの受付、電話でのインフルエンザワクチンの予約は行いませんので、なにとぞご了承下さい。
パソコン、スマートフォンからの予約方法 予約のしかた以下のホームページにアクセスします。アドレスは通常の予約システムと同様です。   http://junban.com/sugaya/「インフルエンザの予約をする」を選択します。診察券番号、氏名(ひらがなで入力してください。氏名の間にスペースは入れないでください。)、生年月日(6桁の数字を入力してください。平成1年1月1日生まれの場合、「010101」)を入力します。4名様まで同時に入力できます。初診の方は診察券番号に「9999」を入力し、氏名、生年月日も入力してください。予約可能な予約枠の一覧を自動で表示します。予約する日付の時刻枠を選択します。      入力した内容と選択した予約日、時刻が表示されます。間違いがないか確認してください。確認できたら「予約する」をクリックして確定します。内容を変更するときは、前の画面に戻ってください。約した結果が表示されます。13歳未満で2回目の接種が必要な方は、必ず、同時に2回目の予約をしてください。2回目の予約は「こちらへ」を選択してください。(2回目は1回目の29日後から予約可能になっています。)他のワクチンとの同時接種を希望される方は先にインフルエンザワクチンの予約をされ、その上でお電話で接種日の3日前(休日を除いて)までに、同時接種を希望されるワクチンの連絡をしてください。 予約の確認、取り消しのしかた(変更は取り消し後に可能になります)指定のアドレスにアクセスします。トップメニューから「インフルエンザの予約を照会する(または取消する)」を選択します。診察券番号、名前を入力します。(予約した時と同じに入力してください。)入力後、「照会へ」をクリックして、予約内容を照会(確認)します。入力された情報に基…

小学校入学前の三種混合ワクチンの接種

イメージ
小学校入学前の百日咳ワクチンの接種MR(Ⅱ期)、おたふくかぜ(2回目)ワクチンと同時に三種混合ワクチンを接種を  百日咳は百日咳菌が感染でおこります。典型的な症状は発作性の咳で、乳児がかかると非常に重症になります。このような咳は数週間継続します。 ひどくなると、肺炎、痙攣を合併し、脳障害を引き起こしたり、死亡することもあります。
 百日咳予防のために、四種混合(百日せきジフテリア破傷風不活化ポリオ混合:DPT-IPV)ワクチンの初回接種を生後3か月から乳児期に3回、1歳以降に1回の追加接種を受けます。日本の定期接種スケジュールではそれ以降に百日咳ワクチンの接種はありません。
 2017年末に三種(百日せきジフテリア破傷風)混合ワクチンが再発売されました。百日咳の予防のために任意接種として、小学校入学前に三種混合ワクチンを受けましょう。

年齢別の抗体保有率(感染症流行予測調査) 感染症流行予測調査は予防接種法に基づき厚生労働省が定期的に行っている調査です。グラフは年齢別の百日咳毒素(Pertussis Toxin:PT)に対する抗体を持っている人の割合を示しています。乳児の発症防御レベルの目安とされる10 EU/mL以上の抗PT抗体保有率(青線)は、予防接種により乳児期に90%以上になりますが、1歳以降徐々に低下し、5歳には30%未満となります。以降年齢とともに抗体保有率が増加します。抗PT抗体は百日咳ワクチンの接種または百日咳に感染以外には誘導されません。したがって、6歳以上の年齢で、抗体保有率が上昇するのは自然感染によると考えられます。

百日咳抗体(抗PT抗体)保有状況 2013年
年齢別の百日咳罹患率(百日咳の頻度) 従来、百日咳は指定された医療機関だけから報告される制度でしたが、2018年1月から診断した百日咳をすべて報告する制度(全数把握疾患)に変更されました。全例が報告されるようになると、年齢別の百日咳患者数がわかり、人口から推測した罹患率が算出できるようになりました。グラフは2018年1月から2018年12月までの1年間に感染症発生動向調査週報に掲載された報告数から算出した年齢別の罹患率を示しています。
 1歳未満の乳児は罹患率が高く、早期にワクチン接種が必要なことを示しています。1歳以上の幼児の罹患率は低下します。これはワクチン接種で百日咳が予防でき…